コメントは受け付けていません。

comment for 安全だと言ってくれ 安心するから





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

安全だと言ってくれ 安心するから

またまたテレビネタだが、10月16日のETVの白熱教室日本版をたまたま見た感想。
今回は明治大学国際日本学部教授 小笠原泰先生の講義だった。
第1部のタイトルは
「安全だと言ってくれ 安心するから」

R0012546_convert_20111018001535.jpg

日本人はリスク意識しながら生活するというのが苦手で、安全を安全度という数量的に理解するよりも、「安心感」という感情的に理解する方を選ぶという論旨だ。

R0012545_convert_20111018001358.jpg

日本人学生だけではなく留学生も聴講していたので、彼らのお国柄と言うか、考え方も分かって面白かった。
オリジナルの「白熱教室」のマイケル・サンデルは苦手なので、この番組はあんまり関心がなかったのだが、この時の授業はタイトルに惹かれて見てしまった。

例えば飛行機に乗ってどこかへ行く時、「飛行機は絶対安全です」と言われたらどうするか。いや、そうじゃないでしょう。飛行機は落ちる事もあるだろうが、限りなく確率が低いので老若男女が乗っているのではないだろうか。そこにはリスクとベネフィットの発想がある。という論旨。

R0012544_convert_20111018001500.jpg

3.11以降の原発事故によって、原発への安全を求める声が高くなるのはそれは当たり前の事だ。だが、「絶対安全か」と問われると、「絶対安全」とは答えられない。答えられなければ原発の建設、運営が出来ない。望まない事になるので、「絶対安全です」と言って「安心感」を買う。
そうなると前回のブログの話につながり、「絶対安全」なのだから「危険に陥る場合」の研究がおろそかになる、
というか、そんな研究や疑義言動をする事さえタブーとなる。

あらあら、「安心」を求めるあまり「安全」がおろそかになってしまうメカニズムが現れてしまった。
スポンサーサイト
category : ブログ  comment : 0  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。