comment for 「反原発」の不都合な真実





 
カエルをクリックすると投稿できます。

トラックバック

web拍手 by FC2

「反原発」の不都合な真実

著者は藤沢数希氏。読んでる途中から、「よく書いてくれた」、我が意を得たりという思いでいっぱいだった。

反原発真実

そもそも、わしがこのブログを書こうと思ったのは、3.11以降の政府のエネルギー政策(原発政策)が行き当たりばったりで、とても見ていられなかったからだ。わしが言いたかった事がほとんどこの本の中に書かれておる。
やはり、カエルが井戸の上に向かって鳴くのと、書くべき人が書くのとでは社会への影響力が違うな。

常々、原発と原爆を混同したり、通信エレクトロニクスとエネルギー流通の物理的な差を混同して、同列に扱ったり、IT系の有名人が「再生可能エネルギー」何チャラなどとマスコミでほざいていたが、パソコンの電源と産業の電力エネルギーを同一に発想しているおつむに脱力したものだ。

あの震災から1年。日本史上最悪の原発事故であったが、実は放射線で亡くなった人は一人もいない。
なのに、津波で亡くなった2万人の人々の映像の後、さも、原発の所為でもあるような流れで反原発論を展開して行く。正義を振りかざしてセンセーションに報道するマスコミや政治家には要注意しなければならないのに、尻馬に乗る奴がいかにに多い事か。そんな時に冷静な論調で放射線の被害実績の検証をし、日本のエネルギー事情をデータをもとに論じているこの本が出版された事は、誠に慶事である。新潮社さんありがとう。後書きによると、予定していた出版社が反原発の流行をおもんぱかって出版を断っていたそうだ。なさけなや。

ちょっとだけ内容を引用すると、再生可能エネルギー(このネーミングがまた胡散臭い)特別措置法についての項で、

「要するに自然エネルギーというのは政府の補助金がたよりの産業で、補助金が打ち切られたら次々と破綻して行くというそれだけのこと」「太陽光や風力で発電された割高な電気を強制的に購入させられる‥‥中略‥‥素人が作った納期も品質も保証できない商品を、棚に載せた時はとにかく市場価格の何倍かで買え」などといったことが本当にいい事なのでしょうか。」

その通り!!!
スポンサーサイト
category : ブログ  comment : 0  track back : 0