コメントは受け付けていません。

comment for 深海展





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

深海展

上野の科学博物館で開催している「深海展」に行ってきた。
夏休み初日とあって、朝からちびっ子たちでごった返していた。
R0014486_convert_20130720152147.jpg
中には深海生物オタクらしい若者と、オッサンも熱い視線を送っていた。

R0014421_convert_20130720151122.jpg
かくいうワシもこういうものにウハウハ状態。

R0014439_convert_20130720151353.jpg
「おばんです」。

R0014446_convert_20130720151428.jpg
スケーリー・フットとご対め〜ん。
思っていたより小さかった。
ブラック・フットの方は鉄のウロコを持ってるんでっせ。
R0014447_convert_20130720151516.jpg
大きさはトコブシと言ったところ。
食えるのか?

R0014453_convert_20130720151709.jpg
オオグソクムシともゴタイメ〜ン。

R0014454_convert_20130720151741.jpg
「オバンでガンス」。
思ったより大きくて重量感があった。どこかの水族館では、死んでしまった深海生物を焼いたり煮たりして、試食させるサービスがあると聞いた。グソクムシを食した人のコメントではシャコの味に似ているそうな。
R0014449_convert_20130720151556.jpg
じゃあ、このイカはどうだ。うまいのか?「ダイオウイカ」

R0014452_convert_20130720151637.jpg
こちらは標本。
この春、NHKで初めて生きたダイオウイカの映像が放映されたが、金色や銀色に輝いていているのは、まるで金属で出来た生物のようだった。美しかった。その目は地球上最大で、バレーボールほどの大きさらしい。
深海600mでの出会いの時、人間も生で観測できたけど、ダイオウイカにとっても直に人間を観測した瞬間だった。
その時彼はどう思ったのかな、「こりゃ食えそうも無いな」と思って去って行ったのだろうか?

R0014455_convert_20130720151813.jpg
最後に、スーベニール・ショップで見つけたのがこれ。

R0014456_convert_20130720151843.jpg

R0014457_convert_20130720152016.jpg
高〜!








スポンサーサイト
category : ブログ  comment : 0  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。