コメントは受け付けていません。

comment for 「風立ちぬ」見て来た





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

映画「終戦のエンペラー」(ほか2本)を観てきました。

映画「終戦のエンペラー」(←クリックしてご覧ください)を観てきました。 アメリカが作る映画にありがちの時代考証のでたらめさ、 特に、日本を扱う映画におけるその惨さを
月光院璋子の日記[2013/08/22 11:36]
web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

「風立ちぬ」見て来た

昨日の話だが、スタジオジブリの新作「風立ちぬ」を見て来た。

20130206005fl00005viewrsz150x.jpg

飛行機好きにはたまらない時代のエピソードが紹介されていた。
ストーリー上、詳しい飛行機話まで追求していなかったが、分かる人には分かる時代背景を割愛しつつ、
主人公の恋愛模様が進行して行く。

あの時代の日本人がなんと愛おしいことか。けなげな人々であった。
終盤にはさすがのワシも涙がにじんでしまったぜ。隣に座っていた見ず知らずの60年配とおぼしきおじさんが、さめざめと泣き崩れているのだから、仕方も無かろう。

この映画の良いところは、過酷な運命に、誰を恨むことも無く、誰かを呪うことも無く、誰かを指弾することも無く、ただただ、運命を受け入れ、おのれの立ち位置で最善のことをする。今できることに全力を尽くす。そういう日本人を描いていることだ。
そういう日本人の美意識がさりげなく表現されていた。そのことだけでも、宮崎駿監督にお礼を申し上げたい。
「ありがとう」。

こういう映画、韓国や中国などの朱子学の人々、あるいは日本人の中のそういう人々、きっと理解できないだろうな。それが残念でもあるが、文化の違いだとしたら仕方も無いことだ。
スポンサーサイト
category : ブログ  comment : 0  track back : 1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。