コメントは受け付けていません。

comment for 日米衝突の萌芽





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

日米衝突の萌芽

またまた名著を発見。前回紹介した「朝鮮開国と日清戦争」と同じ著者、渡辺惣樹氏の手による。二年前に出版されたものだが、今まで気付かなかった。3年前に紹介した「日米衝突の根源」の続編になる。

日米衝突萌芽

大まかにはアメリカ=スペイン戦争から第一次世界大戦終結までの日米関係を、他の国々、特にドイツ、ロシア、中国の政治的駆け引き、日米離間の策をもくろむ反日プロパガンダを時系列に丁寧に解説している。知っていたことも知らなかったことも、歴史上の事柄を、新しい角度、視点からの光の当て方で、これほど立体的に記述できるとはすごい力量だ。
渡辺氏の略歴では、プロの歴史学者ではなく、独学でこれらの著述をされたようで、さらに感心する。
丁度この時期、『集団的自衛権』採決問題で騒がしい世の中だが、護憲派であろうと改憲派であろうと、日本人なら読んで欲しい一冊だ。とにかく面白い。
人種差別が厳しかった時代、反移民法やら反日プロパガンダ(今に始まったことではない)でこれでもかと痛めつけられていた日本が、こつこつと国際的信用を築き上げて行くところなんか、ほんとに涙ぐましい努力があったのだ。
ご先祖様の努力を見てみな聞いてみなってんだ。
スポンサーサイト
category : ブログ  comment : 0  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。